旧暦カフェ「亥の子・十日夜」@折形デザイン研究所

旧暦カフェ  亥の子(いのこ)十日夜(とうかんや) 
(今年の旧暦で、十日夜は11/6、亥の子は11/10)
 
旧暦の十月十日は、農業行事の「十日夜」という収穫祭。一方、武家社会では、この日に将軍が亥猪餅(亥の子)を手づから諸大名に下し与えた日でした。伊勢貞丈の『包之記』『貞丈雑記』を参考として『亥猪餅の包み』を再現してみたいと思います。
 
十二支の漢字は本来草木の一年の様子を意味し、十月の「亥(がい)」は
「草木が枯れ果て、種子が閉蔵される月」を意味するのだそう。
 
旧暦十月(亥の月)の最初の亥の日は「亥の子」。
さて、この日は何をする日?
藁を棒状に束ねた藁鉄砲や石で地面を打ち据えるという不思議な風習が各地にあります。
鴨川の棚田からいただいた今年の稲藁で藁鉄砲を作って、地面を叩いてみましょう。
みんなで息を合わせて石打ちもやってみたい。そこから何が見えてくるでしょうか?
この日に食べる「亥の子餅」。本来はどんな形だったのでしょう?
時代や場所によって様々な形がありそうです。
今回も五感を使って行事の根っこにあるものへの探求を試みましょう。
 
「日本人が米を食うということより、ワラの恩恵をこうむっているいるほうが大きいのではないかと思ったことがあった」(宮本常一「民間暦」より)
かつては暮らしになくてはならない存在だった藁。今では触れる機会がほとんどなくなってしまいました。藁にたっぷり触れることも楽しみたいですね!
 
下中菜穂+折形デザイン研究所
 

2019年11月3日(日)13:30-16:00頃
参加費 6,000円(税込) 当日お持ちください。
場所 折形デザイン研究所  東京都港区南青山4-17-1
定員:16名

*は必須項目です
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
*希望する項目にチェックをお願いします。