呼吸と運動機能への統合的アプローチ:呼吸@A

6/22・呼吸@
セミナー概要
呼吸は酸素と二酸化炭素の交換だけではなく、姿勢・動作・痛み・感覚・体内環境・顔面形成、性格にまで影響を及ぼす最も重要な機能の1つです。
また脳に必要な物質的栄養(酸素とグルコース)の一つを供給するため、呼吸機能は脳機能にも直接影響を与えます。
日々の運動指導や治療にご活用頂ける内容ですのでぜひご参加ください。
 
<1日目の主な内容>
・呼吸機能のニューラリティー
・呼吸の生理学、機能解剖学@
・適切な呼吸量と鼻づまり、鼻炎、その他疾患の関連
・ビュテッコ法
・呼吸量を最適化する訓練
・口呼吸/鼻呼吸、口呼吸と顔面形成
・呼吸を正す道具の活用法@
・腹腔内圧(IAP)
・呼吸と重心移動
・呼吸パターン
・呼吸と歩行@
・呼吸機能への運動療法@
 
6/23・呼吸A
セミナー概要
呼吸は酸素と二酸化炭素の交換だけではなく、姿勢・動作・痛み・感覚・体内環境・顔面形成、性格にまで影響を及ぼす最も重要な機能の1つです。
また脳に必要な物質的栄養(酸素とグルコース)の一つを供給するため、呼吸機能は脳機能にも直接影響を与えます。
日々の運動指導や治療にご活用頂ける内容ですのでぜひご参加ください。
 
<2日目の主な内容>
・呼吸の機能解剖学
・呼吸のスクリーニング
・呼吸のテスト
・呼吸のアセスメント
・腹腔内圧の活用法
・Hypo-pressive Therapy
・呼吸速度の調整
・グラウンディング
・呼吸機能への運動療法
・呼吸機能への徒手療法
 
※よくいただくご質問について※
骨盤、胸郭・肩甲帯、呼吸、下肢、上肢、感覚、脳と脳神経、末梢神経 等の講座がありますが、本セミナーの呼吸@A、4/30・5/1開催の骨盤帯@、胸郭・肩甲帯@が、全ての講座の基礎となる内容です。
可能であれば他の講座の前にご参加くださいませ。
 
【日程】
2019年 6月22日(土曜日)、6月23日(日曜日)
※9:30〜16:30(両日同じ時間です)
 
【場所】
池上会館
最寄駅:東急池上線池上駅
もしくはJR京浜東北線大森駅よりバス
 

【費用】
両日:32,400円(税込)
単日:16,200円(税込)
※呼吸@を未受講の方は呼吸Aのみの受講はお勧めいたしません。
 
【定員】
50名
 

【対象】
トレーナー、理学療法士、作業療法士、ボディーワーカー、インストラクター、学生、その他運動指導に関わる全ての方
 

【講師】
近藤拓人
AZCARE 株式会社 代表取締役
WOW’D宮崎 テクニカルディレクター
 

※自動返信メールにて振込先やその他の確認事項をお伝えします。
 
※お申し込み後期限内の振り込みをお願い致します。
 

お問い合わせ:info.mail.thk@gmail.com

*は必須項目です

(確認用)
お申込み完了後、「info.mail.thk@gmail.com」のアドレスより、自動返信メールが届きます。

 ドメイン指定などの受信制限を設定されている場合には、上記アドレスからのEメールが受信できるよう事前にパソコン・携帯電話の設定を行っていただきますようお願いいたします。
 
 24時間以内に自動返信メールが届かない場合、お手数ではございますが、上記アドレスまでご連絡ください。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
*参加希望日程
※呼吸@を未受講の方は呼吸Aのみの受講はお勧めいたしません。
領収書希望の方は、宛名をご記入ください。
必要のない方は「無し」とご記入お願いいたします。
*キャンセルポリシー・著作権

必ずご同意の上お申し込みください。
 
<キャンセルポリシー> 
● 参加者都合によるご入金後のキャンセルの場合、開催2ヶ月前までは振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。開催2ヶ月を切ってのキャンセルの場合は、ご返金致しかねます。予めご了承ください。
●受講料お支払い前であればキャンセル料は発生致しません。またどなたかにセミナー参加枠を譲渡することは可能ですので、その旨をお伝えください。
●ただし個人情報保護のため、キャンセル待ちの方のご紹介は致しかねます。
● 受講料の振り込み手数料はご負担願います
● 天候不良等によりセミナーを開催することが困難な場合や、主催者都合によりセミナーを中止した場合、受講料は全額返金致します
 
<著作権>
● ご参加の方は受講資料(実技を撮影した場合の映像記録を含む)を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、受講者個人の私的利用の範囲外で使用したり、または第三者に対して、貸与、譲渡、修正、翻訳、頒布、使用、改変等を行ってはならないものとします(ただし講義の撮影はご遠慮ください)
● ご参加の方は権利者の許可を得ずに、本セミナーを通じて提供されるいかなる情報についても、著作権法で認められる個人の私的複製など著作権による制約を受けない範囲を超えて使用することはできません。
本項の規定に違反して権利者あるいは第三者との間で問題が生じた場合、自己の責任と費用においてその問題を解決するとともに、弊社に何の迷惑または損害を与えないものとします。