スペシャルトーク 更級日記考―文学少女の想像の世界

「更級日記」は、今から1000年前の平安時代中期に書かれた、菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)の回想録です。冒頭は、著者が13歳のときからはじまり、宮仕えや結婚を経て、夫との死別までの約40年に及ぶ女性の半生が歌とともに綴られています。特に、源氏物語への強いあこがれを綴る少女時代の描写が特徴的で、現実世界の暮らしに一喜一憂しながらも、物語世界への夢を抱く世界観は、1000年たった現代でも共感を呼び、「日記」という表現の面白さを伝えています。
 
当イベントでは、現在も継続して刊行中の『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』(河出書房新社刊)の「更級日記」の現代語訳を担当した江國 香織さん、「源氏物語」の現代語訳を担当している角田 光代さんをゲストに迎え、現代の世の中からみる「更級日記」の魅力、女性の日記的表現について語り合っていただきます。
 
【内容】
日時:6月30日(日)13:30-15:30
場所:市原湖畔美術館 多目的ホール
ゲスト:江國 香織
    角田 光代
ナビゲーター:五所 純子
参加費:
一般:2,500円
大高生・シニア:2,300円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(一名):1,700円
※入館料込。当日、受付でお支払いください。
定員:70名(先着順、事前申込制)
 

予約の注意事項:
1)予約フォームからの自動返信メールをもって予約完了となります。
2)予約後、自動返信メールが返ってこない場合は、お手数ですがご連絡をお願いします。
3)万が一キャンセルの場合、なるべくお早目に電話にて連絡お願い致します。
4)1フォームからはお1人様ずつのみの予約が可能です。複数の場合、お手数ですが再度予約フォーム入力お願い致します。
 

【お問い合わせ先】
市原湖畔美術館 担当:宮内
電話番号:0436-98-1525 [9時〜18時(月曜日を除く)]

*は必須項目です
- -