原発地震動評価・美浜3号審査に関する緊急要請への賛同

以下の緊急要請書を7月26日(火)13:30〜参議院議員会館B107での要請行動・院内集会にて提出します。締め切りは26日10時です。
 
入倉・三宅式の過小評価を熊本地震が証明  
武村式を用いた規制委の再計算により地震動は1.8倍に
 
美浜3号炉の審査手続きを止め、寿命延長の断念を!
原発を止め、全ての原発の基準地震動を武村式で再計算を!


原子力規制委員会委員長 田中 俊一様
2016年7月26日
 
 元原子力規制委員の島崎邦彦氏は、熊本地震を踏まえて「入倉・三宅式では地震動は過小評価」との警告を発し、原子力規制委員会・規制庁は7月13日に、大飯原発の地震動を武村式で再計算した結果を公表しました。その結果、入倉・三宅式ではなく、原発の津波評価で採用している武村式に置き換えて計算すれば、地震動は1.8倍になることが明らかになりました。これにより、大飯原発の基準地震動856 ガルは1,550ガルになり、クリフエッジを超えます。美浜3号炉も約1,800ガルとなり、やはりクリフエッジを超えるため、大惨事となります。
 
 規制委田中委員長は、7月19日に島崎氏と面談し、自らの再計算について「やってはいけないことをやってしまった」などと述べ、再計算そのものをなかったことにしようとしています。これほど無責任なことがあるでしょうか。
 
 規制委の発表では、計算結果は644ガルで、入倉・三宅式による基準地震動よりも小さくなっており、1.8倍とは矛盾します。これは、規制委の再計算では、@計算のベースになる基本パターンについて関電よりも小さい値を用いる、A「不確かさの考慮」による上乗せをしない、といった操作がされていたことによります。島崎氏が指摘するように、式の置き換え以外は、関電の断層モデル・計算結果に基づいて計算をすべきです。その場合は、基準地震動が1.8倍になります。
 
 規制委は自らの再計算結果に基づき、大飯原発、美浜原発3号炉の再稼働を断念すべきです。川内原発を止め、伊方3号の原子炉起動を中止して、全ての原発の基準地震動を武村式で再計算すべきです。美浜原発3号炉は、40年超えの寿命延長の審査中であり、原子炉設置変更許可の審査書案が7月27日にも出るとされていますが、審査の手続きを止め、廃炉にすべきです。以下要請します。
 
要 請 事 項
一.美浜原発3号炉の審査手続きを止め、寿命延長を断念すること
二.原発を止めて全ての原発の基準地震動を武村式で再計算すること

*は必須項目です
締め切り:7月26日10時
 
呼びかけ団体:ふるさとを守る高浜・おおいの会/原発設置反対小浜市民の会/プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会/サヨナラ原発福井ネットワーク/原発なしで暮らしたい宮津の会/原発なしで暮らしたい丹波の会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/おおい原発止めよう裁判の会 /脱原発わかやま/脱原発はりまアクション/さよなら原発神戸アクション/避難計画を案ずる関西連絡会/放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜/さよなら原発・ぎふ/核のごみキャンペーン・中部/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/川内原発30キロ圏住民ネットワーク/国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/国際環境NGO FoE Japan/福島老朽原発を考える会/原子力規制を監視する市民の会
 
連絡先:原子力規制を監視する市民の会/新宿区下宮比町3-12-302
問合せ:090−8116−7155 阪上まで