H30年度第1回オレンジクロスセミナー

■日時:平成30年4月20日(金) 15時〜17時(終了後、交流会開催)
 
■場所:TKP八重洲カンファレンスセンター
    カンファレンスルーム4C
   (東京都中央区京橋1-7-1 JR東京駅より徒歩5分)
 
■演題:「みんなの認知症情報学と安心・安全なまちづくり
     ―マルチモーダルAIの研究が未踏高齢社会を拓くー」
   (※講演概要は下記参照)
 
■演者:静岡大学創造科学技術大学院 特任教授
   一般社団法人みんなの認知症情報学会  理事長  竹林洋一氏
 
■参加費:1,000円(賛助会員は無料)
 ※セミナー終了後に、交流会(会費4,000円/賛助会員は無料)を開催します
 
■定員:50名(先着順)
 

【※講演概要】AIとITで社会のあらゆる資源を活用する「みんなの認知症情報学」について解説し、人間の複雑な「多層思考」「多重意識」「自己」を表現できるミンスキー博士のマルチモーダルAI理論が認知症の「見立て」や「ケア」に役立つことを示します。

*は必須項目です

(確認用)
*交流会