Dr.アヌパーマの日本の材料で作れる製薬学実習講座

この講座は、日本で手に入る材料を使って、アーユルヴェーダの製薬学の基礎を学ぶ実習中心の講座です。
 
毎回1つの材料を、さまざまな剤型に仕上げていき、その使い方を説明します。
 
最近日本でも手に入るようになってきた、アーマラキーを使ったジャム剤や、アロエヴェラを使った薬用酒、シャタワリを使った顆粒剤など、少し手のかかるものも、4時間タップリの講座の中で作り方をお見せします。
 
この課程の中で、アーユルヴェーダの製薬学の基礎を実際に目で見て体験して学ぶことができます。
 
もちろん、薬理学講座と同じように、その薬草の性質や働きもしっかりお伝えします。
1回に1つの薬草だけをとりあげるので きちんと印象に残ります。
 
そして、これらの薬を日本の生活の中でどのように活用したらいいのか?
アーユルヴェーダドクターであるアヌパーマ先生が、わかりやすく解説してくれます。
 
とりあげる予定の薬草は.以下の4種です。(作柄によって変更することもありえますのでご承知おきください)
 
●アーマラキー 
●アロエヴェラ 
●冬瓜 
●シャタヴァリ
(おおむねこの順番に行いますが、変更する場合もあります)
 
日程と場所(前半2日と後半では場所が違います。)
  :7月7日(土)、8日(日)....四ッ谷三丁目駅徒歩4分
   9月29日(土)30(日).表参道駅徒歩8分

 
時間:13時30分から 17時半もしくは18時まで
  (作るものによって30分程度長さが変わります)
 
講師:アヌパーマ ダラシヴェ アヴァケー(医師)
通訳:佐藤眞紀子(日本アーユルヴェーダ学会理事)
 
参加費:4回コース 54,000円(税込)
    前半2回のみの場合28,000(税込)
 

*は必須項目です

(確認用)
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
*チェックボックス
いくつでも、当てはまるものをチェックしてください
前半のみ2回だけのコースを御希望の場合にはこちらにお書き下さい。