【選挙の窓口】立候補予定者専用「どぶ板握手代行ガッチリ!」

本件に関するお問い合わせにつきましては、下記の必要事項をご記入の上、送信してください。
また、チャットでのお問い合わせも可能です。
★いますぐ「チャットでお問い合わせ」

「選挙ドットウィン!」のサイトを見てみる。

【選挙の窓口】立候補予定者専用「どぶ板握手代行ガッチリ!」

【握手代行】選挙立候補(予定)者と有権者をガッチリ繋ぐ、ドブ板政治活動サポート

【握手ドットウィン!】「勝てる握手」とは?
「握手をすれば何票入るかわかる」と、よく大物政治家は言ったものですが、我が国日本におきましては、生活習慣が欧米と比較しても「握手」という習慣が極めて少ないものの、ビジネス、プライベート、友情、和解、契約成立などで、握手をする機会があります。
お互いに手を差し出し、手のひらを合わせ、力をギュッと入れる行為である握手をする文化的な生活を送っていないがために、その方法を誤ることによって、失礼にあたり、かえって関係性が悪化することのないように、「正しい握手」をすることで円滑なコミュニケーションが構築できるように実行してみませんか?

今まであなたは、握手についてきちんと考えたことはありましたか?ただ漫然と手を差し出してはいませんでしたか?
多忙な日々の中でも、一日に5000人以上の有権者様と握手するよう心がけましょう。

■握手は、最強のドブ板コミュニケーション
近年、インターネット社会による影響は人との対面コミュニケーション不足に拍車をかけ、リアルな人間関係に溝ができてしまうことがあります。
初対面での第一印象として、直接会った人に対して特に悪い印象ではないものの、会ったときの印象がよければその感動を他の人にも伝えたくなるものです。
握手によって相手に好印象を残すことは、その対面した相手の一票だけではなく、相手の後ろにいる数十人数百人の知人・友人を引き込むということになります。
FacebookやTwitterやブログなどを通じて「第0印象」として不特定多数の方々に認知を深めている政治家が多い中で、どれだけネットが普及しても、ネットだけで政治活動や選挙運動を完結させることができないのは、リアルな対面での「第1印象」は、その候補(予定)者本人との握手によって「愛着」を印象付けるものであるからです。
これこそが「握手は、最強のドブ板コミュニケーション」という言葉の意味なのです。
これは政治の世界に限らず、あらゆるビジネスシーンにおけるサービスやプロジェクトすべてに言えることでもあります。


選挙立候補(予定)者 お名前
電話番号
- -
メールアドレス
ご意見ご要望がございましたらご記入ください。
このフォームは「フォームメーラー」を使って作成されています
無料でフォームを作成する