【署名】下地真樹准教授ら市民の不当逮捕に抗議しますC

 12月9日、阪南大学経済学部の下地真樹准教授が、大阪府警によって逮捕されました。この逮捕は、形式上も内容上も大変不当なものであり、市民の活動に対する明らかな弾圧です。  
 
 下地准教授らは、震災がれきに含まれる放射性物質やアスベストなど、本来焼却してはいけない有害物質を全国に拡げて焼却・埋立しようとする「震災がれき広域処理」政策に反対していました。大阪市は2月から焼却・埋立を開始しようとしています。
 
 逮捕の経緯は次のようなものです。
 10月17日、大阪市の震災がれき試験焼却に反対する市民有志(下地准教授含む)は、午後3時 、大阪駅・東北角の歩道上に集まり、大阪市役所にむけて三々五々歩いて移動しました。その際に、大阪駅構内の東コンコースを北から南へ通り抜けており、この行為を根拠に逮捕されたようです。逮捕容疑は「鉄道営業法違反」「威力業務妨害」「不退去」です。
 
 しかし、「駅構内を通り抜けた」行為が行われたのは2か月近くも前のことであり、今になって逮捕するというのは非常に不自然です。意図的な市民活動への弾圧であると考えざるを得ません。
 
 下地准教授ら市民有志は、小さな子どもを持つお母さんたち、とりわけ福島・東北・関東から関西に避難移住して来られた人たちの不安な気持ちに寄り添い、放射能汚染の拡散を阻止するために活動をされてきました。福島原発事故は、膨大な人々の心身の健康と財産に被害を及ぼしました。適切な安全対策を行わず原発の運転を強行し続けた国と電力会社・原発メーカーなどの責任こそが問われなければならないはずです。
 
 ところが、これら放射能を拡散させた国や企業の刑事責任は一切問われないままに、今回のように、放射能汚染の拡散に反対して声を上げることが刑事弾圧の対象にされているのです。このようなことは決して許されることではありません。既に大阪だけでも震災がれきの広域処理に反対した市民5名が逮捕され、長期にわたって拘留され、起訴されている人もいます。
 
 私たちは今回の不当逮捕に対し厳重に抗議すると共に、即時釈放と謝罪を求めます。
 
                                 2012年12月10日
 
【呼びかけ人】
石田紀郎(元京都大学教授、市民環境研究所代表)、朴勝俊(関西学院大学准教授)、槌田劭(元京都精華大学教授、元京都大学助教授)、細川弘明(京都精華大学教授)、中尾ハジメ(京都精華大学教授)、川那部浩哉(元京都大学教授)、安富歩(東京大学教授)、仲尾宏(京都造形芸術大学)、他

*は必須項目です

都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています