明日から使える上肢機能改善アプローチ

このフォームは、
明日から使える上肢機能改善アプローチ〜一般の方〜スポーツ選手まで〜の申し込みページです。
 
【日時】
2019年5月19日(日) 10:00〜17:00(9:30受付開始)
 
【会場】
医療法人いずみ会阪堺病院2階S.C.A(大阪府堺市)
 
【講師】
久下明範
阪堺病院S.C.A 主任
堺シュライクストレーナー
 
CSCS
JATI-ATI
FMS Level1
栄養コンシェルジュ2つ星 他
 
PRI マイオキネティックレストレーションコース修了
PRI ポスチュラル・レスピレーションコース修了
PRI ペルビス・リストレーション修了
DNS エクササイズコース PART1 修了
GRIP Approach Performance 1 修了
GRIP Approach Performance 2 修了 など
 
【内容】
神経系から考えた肩のインナーメニューの紹介や僧帽筋下部へのトレーニングに難渋している方など必見です。
 
細かく肩関節・肘関節の機能を改善するのでは無く、シンプルなアプローチを人体の非対称性理論や発育発達理論などを統合した方法を紹介していきます。
 
トレーニングを行なっていて、肩の柔軟性・肩甲帯の機能低下・肩の障害発生の原因になったりした経験は無いでしょうか。その原因を説明し、肩の機能を改善しながらトレーニングを行う方法を体験して頂きます。
 
85歳〜プロスポーツ選手をサポートしてきた講師が、失敗・成功談を交えながら、明日から使える内容を実技を中心に体験して頂きながら進めていきます。
 
<その他セミナー>
6月30日 明日から使える下肢の機能改善アプローチ〜一般の方〜スポーツ選手まで〜
【詳細】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fdd8ce0b607465
 
【プログラム】
・肩甲胸郭関節
・肩甲上腕関節
・肘関節
・機能的関節可動域
・呼吸
・IAP(腹腔内圧)
・発育発達過程に基づいた段階的アプローチ
・コレクティブエクササイズ
・ジョイント・セントレーション
・ナチュラルムーブメント
・コンディショニング
・パッキング
・ウエイトトレーニング
 
【対象】
アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナー、理学療法士、柔道整復師、ボディーワーカー、学生、他
 
【定員】
20名
 
【持ち物】
運動のできる格好、室内シューズ
 
※継続単位 NSCA 0.6(A)

*は必須項目です
*料金
※キャンセル料について
セミナー開催日、7日前からの
受講料のご返金は致しかねますので予めご了承下さい。
- -

(確認用)
*ご職業